Yahoo!パートナーで出会った、精神疾患の男性との笑えないエピソード

書き込み

婚活サイトはいくつか利用したことがあったのですが、初めて有料会員になった婚活サイトで、
検索結果に頻繁に引っかかって来る男性に、私の方からメッセージを送ってみました。

プロフィールも写真もしっかりしていて、誠実そうな印象があったので、軽く自己紹介をしました。

その男性の1通目の返事は、真面目そうだけどユーモアもある、ごく普通の自己紹介を交えたメッセージでした。

「メガネをかけていることと、横になったら5分で寝られるので、の〇太くんみたいです」という感じでした。

「この人、面白いかもしれない」と思った私は、詳しい自己紹介や、趣味の話などを書いて返信しました。

2通目の返事で、

「実は統合失調症を患っています。原因は、職場のストレスで、今は休職しています」

と、カミングアウト。

精神疾患を持っている人は、私の周りにもいますし、

「すぐに結婚したいとかじゃないので、ゆっくり考えましょう」

と返事をしました。

ところが、相手の男性はそのメッセージで「認めてもらえた!」と思ったのか、私がログインすると、すぐにメッセージを送って来るようになりました。

最初は、「休職してるから、時間があるんだな」と思っていたのですが、それも頻繁になってくると、少し怖くなってきました。

 

何度目かのメッセージの後に、

「軽くお茶だけでも、出来ませんか?」と誘われたので、「良いですよ」と返事をしたのですが、3時間後に、「父親に相談したら、反対された」と言われました。

その1時間ほど後に、「お茶だけならいいかと思って」と言い訳が送られてきて、誘われた翌日のお昼にログイン(たまたま土曜でした)した時に、

「茶飲み友達になってもらいたい」と言われたので、もう混乱してしまいました。

その勢いで、「自分のことも自分で決められないのなら、婚活サイトに登録していること自体、まだ病状的にも時期的にも早いんじゃないですか?!」と、たんかを切ってしまいました……。

 

結局、その男性からは謝罪のメッセージが送られてきたのですが、途中でアクセスブロックしたくらい、笑えないエピソードでした。


447 fquzbrsn 2018/09/20(月) 22:27 0 コメント 13アクセス 0

コメント