あの人はある意味忘れられない男。無口すぎる彼に疲れた別れ際の衝撃

書き込み

有名私立大学卒で公務員、しかも趣味が音楽鑑賞とサックスとあったことから興味を持ち、会うことになりました。

1回目はカフェでお茶をしたのですが、いかにも真面目そうで、口数は多くないですが私の話を真剣に聞いてくれ私としては好印象でした。

その後彼から続けてお誘いがあり2回目はジャズBarへ行くことになりました。

少しお酒を飲みながら話をしたのですが、やはりほとんど私の話を聞くような展開になり、私としてはまだ会う回数も少ないのでこんなものかと思いながら3回目会うことになりました。

3回目は一緒に映画を見に行きました。

映画を見終わった後もやはり、私が一方的に話し彼はほとんど聞くばかり。

私としては口数が少ないにも程があるというか、何だか刺激が少ないしこちらが話をしないと間が持たないことにも少し疲れたというのが正直な感想でした。

4回目は一緒に夕食をしたのですが、結婚についてや結婚後の生活についての話題を持ち出されました。お互い婚活をしているわけですから話したい事はわかるのですが、それそれ以外の話になると途端に口数が少なくなる姿に少しがっかりしてしまいました。

それ以降お誘いがあったのですが気乗りせず、5回目に会ったのは4回目に会ってから約1ヵ月たってからでした。

カフェでお茶をしていたのですが、やはり私はもやもやした気持ちが膨らむ一方で会話は弾みませんでした。その様子に彼は違和感を感じたようです。

帰り際にどうしたのか聞いてきたので、私は正直に話したところ彼がものすごく取り乱し涙目になって私を説得し始めました。

その取り乱しように私はかなり引いてしまい、別れる事を決心、その場で伝えました。しばらくは首を縦にはふりませんでしたが最後は受け入れてくれました。

しかしその際に彼から「他に結婚したい女性を紹介してください」の一言が。

もうドン引きしました。

彼は紹介してくれと必死に私にしがみついてきましたが、その姿に少しでも好印象を抱いた自分が情けなくなりました。

自宅に帰宅後も彼から女性の紹介をお願いするメールが続き、最後はメールの受信設定と着信拒否までして彼とは切りました。本当に今でもある意味忘れられない男性です。


429 xekmusiz 2018/09/20(月) 22:03 0 コメント 5アクセス 0

コメント