彼氏ぶるのはやめてよ!転勤が救ってくれたストーカー気質な男との別れ

書き込み

婚活サイトで知り合った同年代の男性。
プロフィール画面の写真はまさにタイプそのものでした。気も合い、あれよあれよと言う間に会うことになりました。

当日指定されたお店に行き実際に話をしてみると明るい性格でとても話しやすかったので、「これはいけるかも?」と思っていました。

次は某有名テーマパークに行こう、クリスマスが近いこともありクリスマスはどこに行こうかなどの話もしてくれ、いい雰囲気でお開きに。

そのあとも彼から連絡があり楽しくしていたのですが、彼氏ぶるような言動が見受けられるようになりました。

「今日は誰と何してるの?」

「◯◯と出会って本当に奇跡だった。早く会いたい」

から始まり、昼夜問わず電話も掛かってくるようになりました。

段々と怖くなりなしたが彼と某有名テーマパークに行く約束もしていたので、友人に相談しました。

 

友人からは「ストーカー気質があるよ。絶対にやめた方がいい」と言われたため、風邪を引いたと嘘をつき某有名テーマパークには行けなことを彼に連絡しました。

 

するとすぐに既読、即電話が立て続けに数回掛かってきました。

怖くて出ないでいると「大丈夫?心配だから電話に出て?明日休みだから◯◯の家に行くよ。最寄りは△△だよね?何が何でも行くから」との文章が。

実家にいるから来なくて大丈夫だと送ると再び電話がきたのでそれも無視。

 

数日後、いつも通り一人暮らしの家に帰ろうと最寄り駅に着くと見覚えのある顔が見えました。そうです。改札近くに彼が立っており、明らかに私を探していました。運良くこちらには気づいておらず急いで引き返し実家に帰りました。

 

着信拒否、1か月程ほぼ実家に帰る生活をしました。ちょうどよく転勤が決まり程なくして引っ越しをしたためそれ以降は彼がどうなったかはわかりません。


425 dhxtemkz 2018/09/20(月) 21:58 0 コメント 6アクセス 0

コメント