ロマンチックなラブソングにも酔えなかった、欲求不満オトコとの最低な初デート

書き込み

その男性と知り合ったのは、

タップル誕生のカードを減らさずにいいかも出来るチャンスタイムでした。

プロフィールを書いていない異性が多い為、同じ県であれば、

全てにいいかもをしていたのですが、

その男性とも、その日の内に成立し、

暫くサイト内でやり取りしていると、

好きなアーティストや音楽が同じと言う事で意気投合し、LINEの交換をしました。

そこまでは、良かったのですが、LINEをするようになって

一週間後、突然『俺の事好き?』と訪ねて来たので

『まだ会っていないから、何とも言えない。』

と言うと直ぐにでも会いたいと言われ、急遽会う事になりました。

夜に会うと言う事で、家の近所のスーパーまで迎えに来てくれる事になり、

無事に合流し、ドライブデートする事になりました。

車中は、ロマンチックなラブソングを掛け、

暫くすると、嫌らしく太股を触り始めたので、

逃げる仕草を取ると平然とした態度で

「どうしたの?俺の事好きなら、許せるでしょう。」

と言い出したので、真剣な顔付きで

「まだ好きか分かりません。いい人だと思いますけど。」

と言うと立腹した様子で

「正直になりなよ。好きなんでしょう。俺には分かる。」

と言われたので、流石に手に負えないと感じ

「眠くなったから、また今度会おう。」

と言い、その日は帰りました。

それ以来、LINEやサイト内でもブロックし、連絡を取らなくなりました。


407 skwmpjiz 2018/10/05(月) 15:40 0 コメント 2アクセス 0

コメント