「僕はどんなに愛している相手でもお金は割り勘の主義なんだ」。OK!即ブロック案件

書き込み

初めて会った男性は、私より10歳年上の公務員の人でした。

最初のデートに誘われたときに、どんなお店に行くか相手に任せたのですが、その人が選んだのは、まさかのガストでした。

もう少しお洒落な所が良かったのですが、失礼かなと思いガストでOKにしました。

そしてデート当日は、待ち合わせ場所の近くの公園を一緒に散歩したのですが、その日は日差しが強く暑くて「暑くないですか?どこかカフェに入りませんか?」と言うと「じゃあ、早いですがガストに行きましょう」言われました。

暑いよりマシだと思い、ガストに行きました。

周りは女子高生や家族連ればかりで、なんだか浮いているように思い少し恥ずかしかったです。

会話もないまま、食事をして、そろそろ出ようかと言われレジの方に一緒に行きました。

すると「僕はどんなに愛している相手でもお金は割り勘の主義なんだ」と言われ割り勘に。

最初から割り勘にするつもりでいましたが、相手からそんなことを言われるとは思いませんでした。

そして再び、暑かった公園に戻り、ベンチに座りながら、子供は何人欲しいか、人付き合いは得意か、持病はないかなどたくさん質問をされました。

そして帰り際に「楽しかったです、またデートに誘っていいですか?」と効かれ、その時はOKしましたが、帰宅してからその人をブロックしました。


403 scmqpxik 2018/10/05(月) 15:35 0 コメント 4アクセス 0

コメント