ドリカムにだけ食いつくシャイ男。どうぞ私たちを踏み台にしてお進みください

書き込み

コンパセッティングサービスに登録し、週1でコンパに参加していたときのことです。

2対2のコンパで、私は会社の先輩と参加しました。

1人はまあまあ全てが平均的な男性。もう1人はガリガリガリクソンさんみたいな風貌で、とってもシャイな方でした。
「こいつ、女性としゃべったことがほとんどないんで、こんなんですみませんね」
と片方の男性がフォローするも、横で丸まっているだけ。

正直、なんで来たん?というくらい、一言もしゃべらない。
それでも大人として、それなりにその人にも会話は振りました。

が、時々うなづくだけ。

はあ。恋人以前に友達にもなれんわ。

いい加減うんざりし始めたころ、好きなアーティストの話になり
「私はスマップとドリカムが好きです」と私が答えた瞬間

「ドリカム!!!」

いきなりその人が大きな声でくいついてきたんです。

えっ。なんなん急に。
ま、まあええわ、ドリカムネタなら話せるのか。

それからしばらくドリカムの歌やライブについて話したのですが
今まではなんやってん、というくらい饒舌に話す話す。

ひとしきりしゃべりきったその人は
「あ~楽しかったです。こんなに女性とお話ししたのは初めてです。
なんだか自信がわきました。ありがとうございました。」

それに対して一緒に行った私の先輩が
「いえいえ、それは良かったですね。
どうぞ、私たちを踏み台にして次に進まれてください」
と言ったことがおかしくて忘れられません。


400 qnkzvgic 2018/10/05(月) 15:31 0 コメント 3アクセス 0

コメント