温厚な父がつかんだ胸ぐら。ドン引きの初顔合わせで再確認した照れくさい親の愛

書き込み

プロフィールがいい感じの同じ歳の方でした。

何度かお会いして、実際両家の両親を交えたお食事会の場で、

お相手のご両親が、「嫁が看護師なら、給料いいから老後は安心だ!」と何度も言い出しました。

私の両親(特に父)の顔が曇るのがわかりました。

追い討ちをかけるように、私の職場が県立病院だったのですが、

「地方公務員だったら給料いいんでしょ?」

「息子だけじゃなく義理の両親も養ってちょうだいね」

などと失礼な発言が続きました。

 

彼はただ笑って同意するだけ。

テーブルの下で、父が拳を震わせていたこと、あとから母が教えてくれました。

相手の父親が、

「嫁が看護師なら、老後は下の世話までしてもらえるなぁ!」

と高らかに大声を上げた瞬間、普段は温厚な父がぶちギレ、

相手の父親の胸ぐらをつかんで「ふざけんなこの野郎!」と。

 

あとにも先にも、父がぶちギレた姿を見たのはこれが最初でした。

「帰るぞ!この話はなしだ!今後一切連絡してくるな!大事な娘を、こんな家に嫁に行かせるか!うちの娘は、自分によくしてくれる親なら、たとえ職業が看護師じゃなくても心からのお世話をする!今まで娘を思って耐えてきたが、こんな失礼な家に、誰が嫁ぐか!」と言ってくれました。

初対面の相手の両親にドン引き。

それを注意しない彼にも失望。

そして、私を守ってくれた父に、愛されて育ったことも改めて実感。

お店のお客さん、従業員の方たち、父の怒号にみなさん振り向かれましたが、この話がなくなって本当に良かった。

今度は父に心から祝福されるような相手を見つけたいと強く思いました。

帰り道、父の手を強引につなぎました。

困ったような、でも嬉しそうな顔をしていました。


396 pivftaqw 2018/10/05(月) 15:26 0 コメント 0アクセス 0

コメント